保険証が無ければ治療費は全額負担

健康保険に加入していれば、自己負担3割で治療を受けられますが

旅先での急な病気やケガで保険証を持ち合わせていない場合には

治療費が全額負担することになります。

この場合、一時的に全額負担することになりますが

医療費を申請して払い戻しを受けましょう。

全額負担した医療費を払い戻す方法

保険証がなくて全額負担した医療費も

医療費の申請をすることで払い戻しが受けられます。 払い戻しできるのは7割 申請しても全額払い戻せる訳ではありません、 払い戻せる額は7割りが基準となります。 申請は2年以内に 医療費の申請には期限があります。 2年以内に申請するように注意しましょう。

海外の病院で治療した場合も適用される

海外の病院は治療費が高額、庶民は病院にかかれない・・・

なんて、テレビでみたことがある人も多いのでしょうか。

海外で具合が悪くなった時「治療費が高そうだからガマンしよう」と、

取り返しがつかないことになりかねません。

海外での治療も申請することで医療費を請求することができます。

あくまでも日本の医療費を基準とした額になるようですが

国民健康保険や健康保険から給付を受けられるので覚えて起きましょう。

鍼、お灸、マッサージも対象になることも

病院の先生が必要だと認めた場合は

鍼、お灸やマッサージも対象になり

交通事故でコルセットが必要になった場合も

申請できるようなので病院側に相談してみるといいですね。

医療費支給申請のまとめ

医療費は全額負担しても2年以内に申請することで割払い戻せます。

申請には領収書が必要なので無くさないようにしましょう。

申請書は協会けんぽHPから入手できます→https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g2/cat230/r56

おすすめの記事